初期費用はどのくらいかかる?

初期費用の内容を知っておく

賃貸住宅を借りる時には、初期費用が必要になります。そこで、まずは初期費用の内容について把握しておくことが大事です。賃貸住宅の初期費用の内容はいくつかに分類されており、敷金や礼金、一か月分の家賃さらに共益費などさまざまです。初期費用の内容は賃貸物件によって変わってきますけど、礼金や敷金さらに一か月分の家賃は多くの物件の初期費用で必要になります。礼金や敷金に関しては、家賃の額を元に計算されることが多いです。家賃が5万円で敷金が一か月分であれば、敷金は5万円になります。

このように、家賃の額によって敷金や礼金は大きく変わってくるという事です。家賃が高い程、敷金や礼金が高くなり初期費用が高額になるので、初期費用を計算する時には家賃の額が重要となります。

初期費用は物件によって大差がある

賃貸住宅を借りる時の初期費用は物件によって大差があります。例えば礼金の額が家賃の1カ月分である物件もあれば、2カ月分支払う必要がある物件もあります。当然家賃の額も物件によって違ってくるので、家賃が高い物件と低い物件とでは初期費用の額が数十万円違ってくる事も珍しくないという事です。さらに、共益費や仲介手数料などの額も違ってきます。もし、収入が低い場合は家賃が安い物件を選択する必要があり、間違って家賃が高い物件を選択しない事が必要ですよね。

また、物件情報には敷金や礼金が家賃の何カ月分必要になるのか、共益費や仲介手数料がどれぐらい必要なのかを記載している事が多いので、自分で物件1つ1つの大まかな初期費用を計算出来ます。

札幌北区の賃貸物件の家賃相場は、札幌市全体の平均家賃相場よりも若干低く推移しおり、その価格差は約5,000円ぐらいです。札幌駅までの所要時間は電車を利用して、およそ30分程度です。