敷金とはどういうお金?

敷金は後で返して貰える?

部屋を借りる時は、さまざまな初期費用が必要になるのですが、その一つが「敷金」と呼ばれるものです。敷金というのは、借主である入居者が部屋を汚すなどした場合の修繕費用や、家賃を滞納した場合に充てるために、あらかじめ家主に預けておくお金のことです。なので、特に修繕の必要や家賃の滞納などがなければ、部屋を退去するときに返してもらうことが可能です。この点は、後で返してもらうことが出来ない「礼金」との大きな違いだと言えるでしょう。しかし敷金は、実際には全額返還されることがほとんどないと言われており、クリーニング費用などを理由に、敷金の一部が差し引かれることが少なくありません。ですので契約時に、どのような費用が退去時にかかり、敷金から差し引かれるのかといったことを確認しておくことが重要です。

敷金は家賃何カ月分なのか?

敷金の相場は、家賃の1カ月分という場合が多いと言われています。しかし物件の家賃が相場より高めの場合は1.5~2カ月分になることがありますし、地域によっては礼金を無くす代わりに3~5カ月分になる場合もあると言えるでしょう。そして最近では、一人暮らし用の物件などで敷金がゼロという物件が増えています。これは、大家側としては空き室を減らすための対策として行っているものであり、初期費用を抑えることで入居しやすくするという思惑があります。ですが、初期費用を抑えたい人にとっても便利な物件だと言えるでしょう。ただし、敷金が無い代わりに、退去時に原状回復の費用を請求されるケースも多いため、敷金ゼロの場合も、やはり契約時にその点の確認をしておく必要があります。